S-Lab(すぎちゃれ!仮)

元ひきこもり、脱サラ、借金返済、ポンコツによるビジネス冒険活劇。どん底人生からチャレンジ

2020.12.7

f:id:sugihara-t:20201207075509j:image

 

やらかした。完全にやらかした。

2度寝。遅刻。速攻、会社に電話。

最近の身体的な疲れで、このチェアで雑魚寝をしがちになってしまって眠りが浅いまま、寝てしまってるのはよくない。

 

 

生活リズムの再考が必要

9連勤の矢先。

 

新聞屋時代は遅刻が多くて散々だった。

毎月の全体ミーティングではその愚かさを見せつけるために、憂鬱だった。

通常、朝は日付変わったばかり12時半起き5時まで勤務。

そこから寝て、午前11時起きというウルトラC難度の睡眠リズムをしていたのを思い出した。

普通に考えて正気ではない生活リズム。

自分これを1年9ヶ月やってたことに驚き。

 

でも自己管理の問題でもある

とはいえ、自分でこの現状を選んでやっているから、精神的にはあまり苦ではないのだが、体力的にはきつい。

嫌なら、やめたらいいだけのことだし。

 

しかし持続可能性があるかというと、、現状はこのままだとないだろう。。

 

掛け持ちのバイトシフト、オフの日の作り方や、

仕事のやり方、入れ方を考えないといけない。

かなりの改善の余地ありである。

 

短期間でWEBエンジニアになるために、

・どれだけのシフトを入れるのか

・完全オフの日は作るなど

対策を持たないと無理かもしれない。

 

ブラック企業で鬱になる理由がわかった

自分の場合は、肉体的過酷さだけだ。

これに精神的過酷さが加わったらどうなるか?

そりゃ心身崩壊するだろうなと。

パワハラをされた経験はないけれども。

 

今日の仕事

いつもどおり。

特に問題なく、淡々と。

いつもと違う工程に入ったけれど、すぐ理解。

 

Amazonの商品でもジャンルや種別によってかなり工程が分かれている。半分くらいはできるようになった、スピードは単位時間90-100個アベレージくらい。

Amazonって、昼の2時ごろと夕方18時ごろに翌日配達の締め切りで駆け込み注文があるらしくて、その時間帯ギリギリになると急に注文が入るので、出荷工程が忙しくなる。

その時はサラブレッドが騎手に鞭でお尻を叩かれるが如く、急かされたり、されなかったり。

そのときに、1人パッキング世界選手権を脳内で開催してアスリートが如く、アドレナリン出して120個ペースくらいまで上げてるのです。

 

とまあ、今日も淡々やりましたね。

アドレナリンの残り香よろしく、ストレスホルモンのコルチゾールになると、やっぱりメンタルにくる。要するに燃え尽き症候群。やる気と失意は表裏一体なんです。

 

俺何やってんだろって毎日考えます。

 

「Amazonせどりをやってた人間がなんでAmazonの工場でパッキングの仕事やってんだろ」って。

 

そうやって、無意味な意識をしてしまうのは自分でもわかってるので、切り替え。

 

今日の晩ごはん

そして帰宅。今日は何も買わずに。

 

夕飯はにんじん、たまねぎ、じゃがいもの煮物とオムライス。

ぜひ、オープンレックのアーカイブは見てほしい。

 

1番嬉しかったのが、オムライスのとんとんをやってみたら、以外にできたこと。

いつも、失敗するのが怖くて、宮迫式オムライスで現状維持してたのだけど、チキチキオムライスのトントンを真似たら、できた!

いやぁ、挑戦はするべし。

今日のベストパフォーマンス賞はこれだわ!

今日の勝者はとんとん!

 

寝る前に、シャワー浴びて、明日着る服をゲーミングチェアの上に用意して就寝。