S-Lab(すぎちゃれ!仮)

元ひきこもり、脱サラ、借金返済、ポンコツによるビジネス冒険活劇。どん底人生からチャレンジ

「やりたいこと」と「できること」はわける

みなさんやりたいこと、

 

「やりたいこと」でもいいけど「辛い」こともあると思うよ

 

いま、僕は100%プログラミングやブログなどの情報発信にコミットして

勉強しようとしてます。

 

「やりたいこと」、「好きなこと」を「できるようにする、成功する」は、本当に決心して、努力を続けるということを具体的にする、失敗や反省を繰り返ししないといけないんですよ。

 

どんな分野であっても。

 

「好きなもののこそ、上手なれ」

 

というのは

 

「今、自分のやっていることを別に苦労とも感じず、”すさまじい努力”という行為を乗り越えられるからです。」

 

それで大事なことなのが

 

「やりたいことが、好きなことがうまく出来ない、できるまで、やり抜く自信がない」

 

なら

 

「楽しくないけど、自分ができること」をまず優先してみるってありですよ。

 

それって、自分のやりたくはないけど、「努力せずに、できる」ってことなんです。

 

これって、一部の人には福音なんですけど、「自分のやりたいこと」にはつながらないことも多くて、「人生に不満が貯まっていく」

 

だから、みんな、「やりたいことをするために、苦労をいとわない」わけです。

 

でもね。みんな苦労したくないんですよね。そんな人が大半なんです。

これって当然の話しですよね。

チャレンジして、覚悟のあるやつ、人間しか知り得ない境地です。

 

ところで、先日、マコなり社長がこんな動画を出してました

www.youtube.com

その堂々の一位がこの映画です。

www.amazon.co.jp

でした。彼がいろんなテックキャンプを創業する前に体験した

どん底、苦労を考えると、よくわかります。

 

この第1位の「セッション」については別記事で書きます。

 

つまり、資本主義社会って、自分以外の人に価値を与えることで対価を得るわけですけど、だいたい「自分のやりたいこと」には「努力」や「継続」が必要です。

 

それ、「あなたにできますか?」というはなしです。

 

それにはいろんな根拠が必要で、僕みたいに、親の面倒を見たいとか、お金がないとか、それしかないみたいな理由がたくさんあって、自分の感情とリンクすれば、コミットし続けます。

 

だから競争者が次第にすくなって、勝ち残る。

 

そんな感じです。